2010年09月16日

2010.9.16

もう次の体を選んでるかな?

かあさんといつかであえるかな?

あのね。
かあさんが「9月16日」を
お友達のお誕生日だって記憶するようになったことを喜んでいいよね?
喜んでくれるよね?

「1月2日」を毎年一緒にお祝いしてることも
喜んでくれてるよね?

おとうちゃんの辰之進とねえちゃんの梓申が
セラピー活動に参加するようになったんだ。
きらも素質あっただろうなぁ。

そうだ。
今年はきらの笑顔を思い出して、最期の姿を思い出すことはなかった。
でもやっぱり、もう一度あいたいなぁ。


ニックネーム 8’b かあさん at 19:00| Comment(0) | きら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

4年

明日はキラのお友達と一緒に遠足に行ってくるね。
みんな元気にしてるよ。
って、きっとかあさんより知ってるよね。

キラのお骨が安置されてる場所に行ってないのも知ってるよね。
これからも行かないよ。
だって、ずっと梓申や麻午の側にいてるもんね。
とはいえ、生まれ変わっていて欲しい♪ 欲張りなかあさんです。

毎年、この日を思い出して涙してたけど、
なぜか今年は違う。

もう泣かないし、今度はキラが産まれた日に笑顔でキラに話しかけようと思う。
キラに伝わるよう、しっかりACを勉強するね!
ニックネーム 8’b かあさん at 17:56| Comment(0) | きら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

この日がきたね

キミが逝った時間、最期の表情をふと思い出した。

毎朝、毎晩お線香を炊きながら
キミに話かけてるかあさんを見てるかな?

楽しい話をしよう って思うんやけど
弱音を聞かせることも多いね。

それでも、写真のキミはずっと笑いかけてくれる。
もう生まれ変わってるかな?

生まれ変わってるなら、
もし、許されるならキミにあいたいよ。
ニックネーム 8’b かあさん at 17:21| Comment(0) | きら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

2年目の今日

2年前の今日は金曜日だったね。
天気は曇りのち晴れ。今日みたいに蒸し暑かったなぁ。

朝、きらを辰之進たちと一緒に遊ばせて、お店が開店してから、お友達のサラサ君が来るまで、虎太郎と一緒にお昼寝してたね。

2年しか経ってない・・・
   2年も経った・・・  感じる時間の経過は、その都度違うねん。


かあさんの車の助手席で、きらが息をひきとった 14:13が近づく


ニックネーム 8’b かあさん at 13:04| Comment(0) | きら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

もうすぐ会えるよ

昨夜、Kからメールで、6〜11日に滋賀に帰省してくるって連絡がきたよ。
なんと、彼女も一緒やって〜

久しぶりに抱っこしてもらえるね。

もうすぐ、後4回寝たら・・・あえるねるんるん
ニックネーム 8’b かあさん at 18:29| Comment(0) | きら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

感じる

かあさんは、きらに毎日話しかけてる。
ちゃんと伝わってるよね?

去年、きらの魂がかあさんとずっと一緒にいると感じる機会がめっちゃ多かった。
でも、まさか・・・って疑うこともあって、○への遠慮って気持ちもあって、きらの存在をかあさんの心の中だけに置いておいた。

けど、今は店の中で一緒にいるっていてくれるって、ちゃんと感じてるよ。

だから、堂々とお店にきらの写真とお水とごはんをおいてる。

これからも、毎日毎日、かあさんのひとりごとを聞いててなわーい(嬉しい顔)

ニックネーム 8’b かあさん at 14:46| Comment(0) | きら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

計画

今日もビーグルずからのリンクを外しました。

ニックネーム 8’b かあさん at 19:48| Comment(0) | きら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

示談書の内容

保険屋さんが今日までに提示してきた示談書は全部で4通。
1通目は
『損害額がゼロ』と記入されていて、自損自弁 と、記入されたのが2度。
○川さんの署名捺印が押印されてたものに、
きらパパとかあさんの署名捺印をしろというもの。

損害額がゼロっちゅうことはないやろ?
車だって、傷ついてるわけやし。という話になったら
○川さんが
「修理費用の見積もりに必要な工賃は誰が払うのや!」と、見積もりに応じることがなかった為、
『損害額』欄がなくなった書式に変更された示談書を我々のもとに持ってきた。
その示談書に○川さんが署名捺印していたのだが、
最初の2通と署名の筆跡があきらかに異なってるのに
かあさんは気づいた。
「もしかして、保険屋さんが『また書きなおさなあかんのなら、
○川さんのところに持って行かなくてもええやろ』と、安易に考えて
保険屋内で署名捺印したのではないか!?」という
不信感を抱いた。
これまでの保険屋の対応からして、
誠意と中立という姿勢が感じられないこともあって
この時も署名捺印を拒否しました。
で、かあさんは以前までの署名と比較する為に
保険屋へ連絡を取り、FAXにて示談書を送信して下さいと依頼した。
が、まったく新しい急いで書いたといわんばかりの
なぶり書きの示談書が届いた。
これには当然署名捺印なんてものはない。
それも保険屋の営業時間外に届いた。
かあさんから連絡の取りようもない時間ということだ。
急遽FAXにて「以前のものを」と、要求。
すぐに電話があり
「間違えてはいけないので以前のものは全て破棄しました」と。。。
またまた、
証拠がなくなった。かあさんにとっては2度目の大失態。
まさか、保険屋が!という思いがあったから。

それからしばらく時が過ぎて
示談書をこちらで作成し、保険屋へ郵送。
届いたのか届いてないのかの連絡すらない。
また8日が経過。
それで、昨日の12/8 20:00前!
結論としては
「○川さんは、示談書の内容に納得されず、保険を使って弁護士をたてて調停を希望しています。
どうしますか?」と、きらパパとママに連絡があった。
「調停で構いません」ときらママが決めました。

保険で全額弁護士費用ってでるの?
加害者が調停?
被害者は謝罪を文面で望んでるだけなのに?

ワケがわからない。。。


ニックネーム 8’b かあさん at 19:17| Comment(2) | きら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

車の傷

きらと接触した車は
日産新型キューブ(リニューアル前)シルバー。
傷は、左側フロントカバーが円形に凹んでいた。
今となって後悔していることが、車の傷を写真撮影しておかなかったこと。
まさか、保険会社も○川さんも小細工をするなどと想像ができようか!
次に車を見たとき、円形だった傷が楕円形になって大きく広がっていたのだ。
もちろん、即日産に電話をかけて確認。
「押し戻される事はあっても広がることはまず考えられない」と答えるではないか!!
ほんまに車のプラ素材のカバーが変形して大きくなるものなのか?
お友達の車修理屋さんにも複数の意見を聞いてもらって
「押し戻される話は聞いたし直したこともあるが、・・・」って答えが返ってくるばかり。
お友達も「考えたくないけど、金目当てで修理工を巻き込んで傷を広げる人もおる」と、ふいにこんな意見が飛び出した!
確かに、○川さんはお金の話しかしていない。
「保険料があがるから保険は使いたくない」とか、
挙句に
「修理費用の見積もりにかかる費用を払いたくない」とか・・・
とにかく、金!金!!金!!!なのだ。
自分が起こした事故だろ?
「ケチくさいこというなら、見積もり費用くらい出してやる」と、申し出たら
「車は修理せず乗り換える」と言い放つ始末。
確かに、気味の悪い車をいつまでも玄関先に置いておくのは嫌かろう。
示談も目処がたたないのを、○川さん!判ってますか?

数日後、○川さんの玄関先に置かれてたキューブがなくなってた。
○川さんのご主人の車、日産セダングレーもなくなり
新たに日産 セレナ白がお目見えしてた。
金!金!!と修理見積もり費用をケチる割りに車の乗り換えは早いし、お金あるやんけ。って、思う。

車の傷に詳しい方がこれをご覧になってたら教えてください。
傷を見ていないからはっきりとは答えられないでしょうが、
傷が広がることって、頻繁に起こりえるものですか?

そうそう!
保険屋も「しょっちゅう事故の後傷が広がって修理代金が変更になることがあるんですよ」と、鼻につく笑顔で答えてたのを思いだした。
ニックネーム 8’b かあさん at 18:00| Comment(7) | TrackBack(17) | きら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

きらが産まれて

2004.1.2 破水、1頭目(梓申)が羊膜破れて頭は見えるけど出てこない。
40分以上の苦しみに耐えて、産道は傷だらけ。
2頭目(レックス)は、梓申が産まれてから1時間以上たって羊膜に包まれてでてきた。
3頭目(きら)は、羊膜に包まれてはいたものの、
頭が大きくて麻午が力んでもうまく出てこず、
30分かかった。

初産にして、難産。
仔犬の命も、母犬の命も危ない状態が何度も訪れた。

仔犬たちの声を聞いた時は、涙がとまらなかった。
今度は麻午の体力回復に全力をそそぐ。
かあさんも一睡もせず朝を迎えました。

卯月の母犬が11頭産んで、仔犬たちが離乳したのを見届けて亡くなった。その時の恐怖が頭をよぎり、怖くなりながら
麻午の産後ケアをする。

すくすく成長した仔犬たちは
新しい飼主が決まりました。
梓申はかあさんのもとで、
レックスは滋賀県内で、
きらは北海道へ。。。
きらの最初の飼主は、滋賀から北海道へ酪農就職する18歳の男の子。
きらの名前は「ガンダムシードのきらやまと」からつけたという、
いまどきの彼。彼の生活が落ち着くまで、かあさんが預ることになりました。
生後7ヶ月が過ぎ、7月。
北海道へ旅立ちました。
翌8月。彼とともに帰郷。
1泊したんだけど、その夜は、かあさんのベッドの下で1晩中おとなしく寝てました。一度もベッドに飛び乗ってくることもなく。。。

彼が北海道で農協へ転職することが決まり、
きらと生活出来る部屋がみつからないこともあって、
2005.3.9 再びかあさんのもとへ。
暫くの間、明け方の2〜3時頃になると起き出して吠えてた。
彼が牧場へ出勤する時間と同じだった。
彼もきらと別れたくて別れたわけじゃないし、
きらも同じ。
かあさんのもとで生活させようか。。。
でも、きらは8番目に抱っこされる。1番じゃない。
いつまでたっても1番になれないなら、新しい家族を探そう。
そう、決意してきらを甘えさせるのはやめました。
抱っこだってしてやりたいし、膝の上で寝かせてやりたい。
それがかあさんの本音。

2005.5.17 新しい家族に出会います。
かあさんのお店から車で5〜8分くらいの距離。いつでも気軽に会える距離。かあさんは新しい家族となってくださるご夫婦がとっても温厚であったこともあり、きらにとって1番の愛情を下さると確信しました。

2005.6.3 きら再び出発。
きらは、新しいお家へ引越して行きました。
きらのお家をきらが生活しやすいようにとリフォームして下さるとお聞きし、解体工事も含めきらにストレスにならないようにということで、かあさんは土日祝以外の昼間、きらを預ることにしました。

朝、7時。きら出勤。
夕方、4時過ぎ。きら退社。
こんな日常が続き、日曜日はきらとパパがしつけ教室に通い、きらの部屋が出来上がるのを楽しみに暮らしていました。

そして、運命の日。

きらパパとママは、1年前の5月にわんこを亡くしていらっしゃいます。
かあさんはそのわんこも知ってますし、その後のママの心痛も知ってます。
かあさんは、またきらパパとママに同じ痛みを与えてしまいました。
取り返しのつかない、消すことの出来ない、深い傷を・・・
かあさんの力では、消すことはもちろん癒すことすら出来ません。
きらの為に選んだ家族に傷を負わせたのはかあさん。
きらにも体と心に傷を負わせたのはかあさん。
きらと名づけた彼を傷つけたのもかあさん。
辰之進と麻午から息子を奪ったのもかあさん。
梓申とレックスから弟を奪ったのもかあさん。
これをどう償えばいいのだろう。
きらを失ったかあさんの悲しみからどう立ち直るかよりも
どう償うかを考えてきらと歩いた散歩道を
時折、独り歩いています。

ニックネーム 8’b かあさん at 20:33| Comment(0) | TrackBack(8) | きら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする